過去の放送:須藤彰の空紀行 空飛ぶカメラマン・須藤彰さんが、モーターパラグライダーで鳥の目線から眺める、全く新しい空の旅。普段見ているあの場所が、空から見るとどんな風に見えるのか…。須藤さんの「つぶやきリポート」と共に、癒やしのひと時をお届けします。

2012年9月29日(土)

今回の舞台は日本海に面した山形県酒田市。
酒田を代表する観光スポットが明治時代に建設された山居倉庫。
今もなお米の保管庫として利用される山居倉庫は、
北前船交易の時代から「米どころ」として栄えてきた
酒田のシンボルです。
上空からは庄内平野を流れる最上川と、その河口に開けた
酒田の街、そして山居倉庫が一望できました。

▲ページトップへ

2012年9月22日(土)

今回の舞台は福島県会津若松市。
2011年3月に改修工事を終えた
会津鶴ヶ城をメインに撮影しました。
改修工事で黒瓦より雨や雪に強い赤瓦に葺き替えられた鶴ヶ城。
独特の風合いを見せるこの色は幕末期のものと同じです。
天守閣に赤瓦を葺いている城は、ここ鶴ヶ城だけ。
威風堂々とした姿は今も昔も会津の人々の心の拠り所です。

▲ページトップへ

2012年9月15日(土)

今回の舞台は山形県の庄内平野。
鳥海山や出羽山脈に囲まれたこの平野は、
豊富な水と稲作に適した気候から全国屈指の米どころです。
一面に広がる水田はまるで緑色の絨毯のよう。
コンディションにも恵まれ、
須藤さんは水田の低空撮影に挑みました。

▲ページトップへ

2012年9月8日(土)

福島県西会津町で毎週末、その姿を見るために
多くのファンが足を運ぶ光景を撮影しました。
それは会津路を走る「SLばんえつ物語」号。
「子供の頃、よく追いかけましたね…」と須藤さん。
夏の日中は上昇気流が発生し
コンディションは良好ではありませんが、
「東北の子供達に見せたい」という須藤さんの思いが叶って、
青々とした夏の田園地帯を走るSLの勇姿を
撮影する事が出来ました。

▲ページトップへ

2012年9月1日(土)

今回は日本海に沈む夕日を撮影しました。
風が止まる「夕凪」の時間を狙ってのフライトです。

この日は絶好のコンディションとあって、
穏やかな日本海に沈む夕日、
そして夕日に照らされる鳥海山を撮影出来ました。

海水浴場を訪れていた観光客の声援を受けながら飛ぶ須藤さん。
記憶に残るフライトになったようです。

▲ページトップへ

2012年8月25日(土)

今回の舞台は山形県遊佐町。
ここは水の郷百選に選ばれる「湧水の里」です。

その源は日本海に接し一年を通じて
多量の雨と雪が降る鳥海山です。
須藤カメラマンは海抜0mから2236mの山の頂を目指します。
高度を上げていくと山のいたるところに雪渓が点在し、
保水力の高いブナの森の広がりが見て取れます。
この豊かな水が麓の遊佐町、そして庄内平野を潤しているのです。

山形、秋田の人々にとって「ふるさとの山」である鳥海山は
まさに恵みの山でした。

▲ページトップへ

2012年8月18日(土)

今回の空紀行の舞台は福島県三島町。
奥会津地方を流れる只見川で夏の朝夕、
条件が整えば見られる「川霧」を撮影しました。

川霧は湿度の高い空気が冷たい只見川の水に冷却され
発生するもの。
気温、湿度、風などの気象条件により刻々とその姿を変えていく、まさに自然が生み出すアートです。

今回は只見川沿いを走る只見線との並走撮影にも挑みました。
只見線は車窓からの眺望の良さから
全国の鉄道ファンに知られる人気路線。
幻想的な川霧と列車とのコラボに須藤さんも興奮しきりでした。

▲ページトップへ

2012年6月30日(土)

今回はなんと!空紀行スペシャル!!
いつもVTRでステキなつぶやきを披露する須藤さんが
スタジオに生出演。

番組がスタートしてからはや3ヵ月。
東北の空を旅した3ヵ月を秘蔵映像を交えて振り返りました。

最新映像は宮城県・塩竈市の浦戸諸島。
津波で甚大な被害を受けながらも、
復興へむけて歩む島々を空からご紹介しました。

▲ページトップへ

2012年6月23日(土)

今回の空紀行は、宮城県川崎町のみちのく杜の湖畔公園。
広々とした公園を優雅に空中散歩。
敷地内に咲き誇る130万本のポピーは、上空から見ても華麗。
そして釜房ダムの水面もお届けしました。

国営みちのく杜の湖畔公園
みちのく公園管理センター
TEL 0224-84-5991
休園日 火曜
ホームページ http://www.thr.mlit.go.jp/m-park/

※ポピーまつりは6月24日(日)まで開催です。

▲ページトップへ

2012年6月16日(土)

今回の空紀行は、青森県青森市浅虫温泉。
青森に生まれ世界的に有名な版画家となった棟方志功が
創作の場として選んだ温泉の町でもあります。

朝もやにけむる温泉街を空中散歩。
穏やかな海、美しい山、
全国的に見ても大変珍しい海が見える浅虫ダム。
そして、車体の水色がかわいらしい電車を追いかけて…。

色々な魅力がギュッと詰まった浅虫温泉は
須藤さん曰く「東北のモナコ」!
浅虫温泉は、海と山と温泉がある素晴らしい場所でした。

▲ページトップへ