過去の放送:元気です!探検隊 俳優にして野山のスペシャリスト・中本賢さんがとうほくを舞台に探検隊を結成!その土地ならではの自然とそこに生きる人々の知恵を探して、縦横無尽に駆け巡ります。意外な魅力を発見して、ますます東北が好きになる!

2012年6月9日(土)

青森県横浜町でドタバタキャンプ

横浜町ならではの食材を集めて
美味しく食べようというお気楽企画!

▼横浜町の絶品食材はこちらのお店で

ホルモン亭肉のはまだ
ホームページ http://www16.plala.or.jp/hamada-29/
菅沼商店
ホームページ http://www.suganuma.show-buy.jp/15.html

▲ページトップへ

2012年6月2日(土)

青森県横浜町 菜の花畑で男2人旅

道の駅よこはま菜の花プラザ
ホームページ http://www.nanohana-plaza.com/

▲ページトップへ

2012年5月26日(土)

今回は山形県鮭川村第2弾!

前回お世話になった村の南の端・米地区から、
北の端・木の根坂地区へと大移動。
冬は深い雪に閉ざされる、10世帯が暮らすこの地区で、
びっくりするほど陽気な出会いが待っていた!!

タバコの植え付け作業中だった木の根坂地区のみなさん。
よくよく聞いてみると、この地区、なんと全員が「井上さん」。
全員でお互いの農作業を手伝い、
地域全体が団結して暮らしています。
それは、厳しい自然環境の中で生きていくために、
かつての農村で見られた知恵。

古き良き里の暮らしが残る木の根坂地区を、
賢さん&しょこたんことYTS新井翔子アナの探検隊コンビに
この地区の分校の先生を務めていた矢口さんを加えた3人が
紹介しました。

鮭川村観光のお問い合わせ:

山形県鮭川村産業振興課交流地域づくり係
TEL 0233-55-2111(代表)

米地区の自然保護活動について:

NPO法人ネイチャーアカデミーもがみ
ホームページ http://nature-academy.com/
みやまの里木の根坂
(木の根坂地区の宿泊施設兼レストラン)
住所 山形県最上郡鮭川村大字曲川3262-5
TEL 0233-55-2612
営業時間 午前11時~午後3時
定休日 火曜・水曜

▲ページトップへ

2012年5月19日(土)

先週まで鳥海山の秋田側を探検していた、我らが探検隊。
では山形側はどうなっているの?とやってきたのは山形県鮭川村。
鮭が上ってくる「鮭川」が村の真ん中を流れる、
自然豊かな村です。

中でも米地区は、かつては渡し船が交通手段だったという、
昔ながらの自然が残る地区。

早速ガサガサしてみると…?
なんと!あっという間に絶滅危惧種のホトケドジョウをはじめ、
貴重な生物たちがどっさり!!

村の水源へと足を延ばせば、
そこは江戸時代から景色が変わらない場所。

自然と仲良く生きていく、
そんな地区の人たちの暮らしも垣間見ることができました。

鮭川村観光のお問い合わせ:

山形県鮭川村産業振興課交流地域づくり係
TEL 0233-55-2111(代表)

米地区の自然保護活動について:

NPO法人ネイチャーアカデミーもがみ
ホームページ http://nature-academy.com/

▲ページトップへ

2012年5月12日(土)

源流を目指して…子吉川激走の旅!
秋田県由利本荘市

モクズガニと絶滅が危惧されるシロウオが獲れる
驚異の川・子吉川。
全長約60キロ、源流の鳥海山を目指し
川を遡上しながら自然観察を行いました。

賢さんお得意の、タモ網を使った生物調査「ガサガサ」では、
めったに出会えないゲンゴロウや水田の生き物ドジョウ、
もうすでに遡上を始めたモクズガニの子どもなどを発見。

そして、川沿いに源流へ向かう車窓からは、
劇的に変化する自然の風景に感動。

子吉川流域の豊かな自然と底力を実感した探検隊でした。

▲ページトップへ

2012年5月5日(土)

子吉川河口の春を探検!

春にモクズガニが遡上する秋田県の三大河川の一つ・子吉川。
先日の中継で紹介したとき、
この水系に興味を持った賢さんが子吉川にでかけました。
地元を良く知る漁師さんと共に、
自然派の賢さん流に観察しながら、
素晴らしい自然が残る子吉川河口の春を発見していきます。

▲ページトップへ

2012年4月28日(土)

年に1度、1日だけのアサリの祭典!
むつ市芦崎湾潮干狩り

青森県・むつ湾内の芦崎湾において、
年に1度、1日間だけ開催される潮干狩りに突撃参加!
2年ぶりの開催で大粒のアサリが待っているらしい…と、
前回21日(土)の生放送終了後、意気揚々と出発した賢さん、
若月アナ、元気です探検隊の一行を待ち受けていたのは、
胴長着用、スコップ、カゴ、手作りのザルを持った
完全装備の現地の皆さん。
1日だけの潮干狩りは、なんと、
全員が本気のアサリ採りだったのです。

むつ市芦崎湾潮干狩りは、自衛隊の施設内で行われ、
毎年約2700人以上が参加。
時間無制限で、アサリ採り放題!
さらに、場所も、移動手段も、干潟も、景色も、
全てが壮大なスケール。
アサリがいるポイントが分かれば、
どんどんアサリが採れてしまいます。
何より探検隊は、この時期を、
このイベントを待ち望んでいたむつの皆さんの
弾けるような笑顔と笑い声にたくさん出会いました!
手作りで道具を作り、来年再び参加することを誓った、
元気です!探検隊でした。

※潮干狩りでは、貝堀ジョレンなど
 専用用具の使用が禁止されている場所もあります。

むつ市漁業協同組合
TEL 0175-24-1261

▲ページトップへ

2012年4月21日(土)

福島県猪苗代町 残雪の磐梯山でトレッキング

野口英世記念館
ホームページ http://www.noguchihideyo.or.jp/
いなわしろ伝保人
ホームページ http://www.denpojin.com/

▲ページトップへ

2012年4月14日(土)

宮城の水源・七ヶ宿 湧水の里を探検!

町内の七ヶ宿ダムから宮城県7市10町約183万人に
飲料水を供給している七ヶ宿町。
町面積の約9割が山林原野、
湧水量は宮城で一番、水の郷百選にも選ばれています。

水と言えば…賢さん&和可菜さんが向かうのはもちろん…川!!!
冬の名残が残る中、釣りあげた美しいイワナから春を感じました。

そして、山の恵みの水を生かした伝統の暮らしぶりが残る
里を探検。
豊かな水量を生かした脱穀機「バッタリ」や
小川の上に建てた「川端(かばた)」と呼ばれる作業小屋。

水と人、自然との関わりを大事にしてきた七ヶ宿の暮らしに
大感激の探検隊でした。

七ヶ宿町
ホームページ http://www.town.shichikashuku.miyagi.jp/
白石川漁業協同組合
TEL 0224-26-2069

※川釣りをするときは、遊魚証が必要です。
 ルールを守って楽しく釣りましょう。

▲ページトップへ

2012年4月7日(土)

七ヶ宿町森林組合
住所 宮城県刈田郡七ヶ宿町字関136の1
TEL 0224-37-2314
ホームページ http://www11.ocn.ne.jp/~kikori/

▲ページトップへ