過去の放送

■ 2012年8月4日(土)

とうほく元気です!TV 東北の夏祭りSP

青森 ねぶた祭り
秋田 竿燈まつり
岩手 盛岡さんさ踊り
第50回 山形花笠まつり
宮城 七夕まつり
福島 わらじ祭り

■ <青森 ねぶた祭り>

▼開催期間:8月2日~7日
○青森ねぶた祭りオフィシャルホームページ:http://www.nebuta.or.jp/

○ねぶたラッセランド
(社)青森観光コンベンション協会 017-723-7211

■<秋田 竿燈まつり>

▼開催期間:8月3日~6日
○秋田竿燈まつりホームページ:
http://www.kantou.gr.jp/index.htm


○秋田市竿燈会

○ねぶり流し館
住所:秋田県秋田市大町1丁目3-30 ねぶり流し館2F
電話:018-865-6200
ホームページ:
http://www.city.akita.akita.jp/city/ed/ak/fm/fmtop.htm

※一般の方も竿燈を体験できます。ぜひ挑戦を!

○猪田提燈店 職人・佐々木 祐さん
秋田市内で一番古い歴史を持つ老舗の提燈屋さん。
竿燈祭りの提燈のほかに、色々な市町村の祭りで使われる提燈なども製作。
また、名前入りのオリジナル提燈なども製作可能で、
結婚のお祝いや子供の誕生祝などに喜ばれているそう。
ひとまず職人の佐々木さんにご相談を!
(※毎年6月~8月は竿燈提燈作りが最盛期を迎えるのでご注意!)
住所:秋田県秋田市牛島東二丁目1-32
電話:0188-35-3332
ホームページ:http://www.geocities.jp/idachouchin/

○共和町竿燈会
猪田提燈店の提燈に惚れ込み、竿燈の提燈として使っている町内会。
提燈に「和」の字が目印です。
最高齢の差し手・大門勲男さんをはじめとするメンバーの皆さんの妙技もお楽しみに。


■ <岩手 盛岡さんさ踊り>

▼開催期間:8月1日~4日
ホームページ:http://www.sansaodori.jp/
○盛岡さんさ踊り実行委員会
住所:岩手県盛岡市清水町14-12 盛岡商工会議所内

○株式会社 花王堂本店
盛岡で老舗の慶弔花輪、生花・リボン徽章のお店。
さんさ踊りで使う花笠を完全手作りしています。
お店に代々伝わる家宝の型を駆使して作る華やかな花笠は、修理しながら大切に使う
さんさ踊りに欠かせないアイテム。
実はさんさ踊りの後に七夕もあるため、祭り時期は大忙しとか。
花王堂自慢のしかけ七夕もぜひ一度ご覧ください。
住所:岩手県盛岡市肴町11-14
ホームページ:http://www.kaodo.com/

○パルクアベニュー・カワトク
盛岡を代表する百貨店。さんさ踊りパレードには従業員を中心に毎年参加し、
祭りを華やかに盛り上げます。「かわいい!」と評判のお揃いの衣装にも注目です。
住所:岩手県盛岡市菜園1-10-1
ホームページ:http://www.kawatoku.com/

○大宮さんさ踊り保存会
地元に伝わる伝統さんさ踊りを守り続ける実力派。
その勇壮な調べと見事にそろった踊りは必見です。


■ <第50回 山形花笠まつり>

▼開催期間:8月5日~7日
公式ホームページ:http://www.hanagasa.jp/


○NTT docomo 東北支社 山形支店
難しい振付も、最新機器「タブレット」を活用して特訓!
花笠本番に見事そろった踊りを披露できるのか、注目です。


■ <宮城 七夕まつり>

▼開催期間:8月6日~8日(5日は仙台七夕花火祭)
仙台七夕まつり公式サイト:http://www.sendaitanabata.com/


○鳴海屋紙商事 七夕企画室 山村 蘭子さん
毎年七夕飾りを作っている老舗の紙屋さん。
作った飾りは仙台市内だけでなく、東京・渋谷、遠くはイスラエルまで送られます。
和紙の柔らかく温かな手触りと、その美しさをぜひご覧ください。
七夕企画室:宮城県仙台市青葉区一番町3丁目1-16 6F
電話:022-221-3451
ホームページ:http://www.tanabatank.co.jp/


■ <福島 わらじ祭り>

▼開催期間:8月3日~4日
公式ホームページ:http://www.fmcnet.co.jp/waraji/

○福島わらじまつり実行委員会事務局
住所:福島県福島市三河南町1-20 福島商工会議所内
電話:024-536―5511
長さ12m、重さ約2トンと言われる「大わらじ」の迫力は圧巻!
わらじパレードや徒競走など、見所も多いお祭り。
ダンシングそーだナイトでは「わらじ!」という掛け声で一緒に盛り上がると
より一層お祭りを楽しめます!


○波恵ダンスカルチャーパーク
わらじまつりのハイライト「ダンシングそーだナイト」で元気な踊りを披露します!


▲ページのトップへ

twitter Follow me

スタッフブログ

お便り募集 番組スタッフの目線でつづる、新番組ができるまでの奮闘日記 スタッフブログ