■コーナー誕生のひみつ
(とある企画会議にて)
「東北6県にある400の市町村をすべて紹介したい!」
「でもどうやって」
「名物紹介はどうだろう?400の名物があるはずだ!」
「そうだ!いっそのことごちそうになろう…。」
「えっ、ごちそうになる?=じゃあ、ごっつあん遠山にしよう!」

企画会議では、こんなやり取りが行われたそうな。
でも、私はどうしても「ごっつあん!」というのにためらいがあった。
「それだけは勘弁してください!」という願いを受け入れてくれた優しいスタッフ。
じゃあ、番組の人気企画「バルーン旅」を一人でやろう…
ということになったのだった。

■タイトル命名
「名物ちょうだい!」。このタイトルは八波一起氏の思いつきできまった。
スタッフの間では「400市町村一人バルーン旅」に決まっていたコーナータイトルは
八波氏の一言で覆ってしまった!

しかも、第1回放送の前日。
「このタイトル、長いんじゃない?」
そしてその後、「どうやってもらってくるか?」迷っている私に八波氏。
「ちょうだい!って、もらってきなよ! ちょうだいって。
 おお、名物ちょうだいってのはどう?」

かくして、ON AIR14時間前、コーナータイトルは決まった!
■「名物ちょうだい」の約束
・ちょうだいする時は「ちょうだい!」と言わなければならない。
・バルーンは街の方に飛ばしてもらう。
・名物は「私が好きなもの」であること。
・やらせなし。
・アポなし。