お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 宮城の小学生が100km徒歩の旅

宮城の小学生が100km徒歩の旅

2017年08月07日 19時32分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

宮城県塩釜市や利府町などの小学生が5日間で100キロを歩く「みなとのまち100キロ徒歩の旅」が始まりました。このイベントは学校の違う小学生同士に集団生活を通して絆を深めてらおうと毎年開かれています。今年は小学4先生から6年生までの111人が参加しています。子どもたちは午前7時半に塩釜神社を出発し、7日は利府町までの19キロを歩きました。子どもたちはおそろいの三度笠をかぶり3キロを目安に休憩しながら着実にゴールを目指します。夜は小学校に泊まり塩竈市や、松島町など2市3町100キロの行程を4泊5日かけて歩きます。参加した女の子「友達出来るか心配してたんだけど友達出来て楽しくしゃべりながら歩けたから良かった」参加した男の子「ちょっと疲れてしまったけどみんなと歩けて楽しいです。」