お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 宮城・仙台市 荒浜小学校で灯籠作り

宮城・仙台市 荒浜小学校で灯籠作り

2017年08月13日 17時40分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

津波で被災し、震災遺構になっている宮城県仙台市の荒浜小学校で灯籠作りが行われました。若林区の荒浜地区では毎年、お盆の終わりに灯籠流しを行っていて、13日は地域の人たちなどがそれぞれの思いを込めて灯籠を作りました。灯籠作りをした人は「(子どもたちに)震災があったということを何かしらかの形で教えたかったので今回来た」「真の復興に向けていかないと駄目。(灯籠は)改めての決意」と話していました。せんだい3.11メモリアル交流館の八巻寿文館長は「この灯籠流しだけは続けていきたいという思いから誰でも参加できるようにと考えた」と話していました。灯籠流しは8月19日に、荒浜小学校近くの貞山運河で行われます。