お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 用務員が児童にわいせつ 保護者説明会で謝罪

用務員が児童にわいせつ 保護者説明会で謝罪

2017年09月13日 12時22分

ニュース画像

宮城県栗原市内の小学校の用務員の男が校内で女子児童にわいせつな行為をしたとして逮捕された事件で、栗原市教育委員会は12日夜、保護者説明会を開き謝罪しました。この事件は今月5日、栗原市内の小学校で女子児童に抱きつき体を触ったとして、この学校の用務員、佐々木勉容疑者(66)が強制わいせつの疑いで逮捕されたものです。これを受け、栗原市教育委員会は12日夜、全校児童の保護者を対象にした説明会を開き、謝罪するとともに職員の指導を徹底することを説明したということです。参加した保護者は「恐怖心・いら立ち・怒りもあって、今後こういうことがないように教育委員会に話をさせてもらった」と話していました。被害にあった女子児童は、8月31日にも佐々木容疑者から体を触られたとして担任に相談しましたが、担任は上司に報告せず、対策が講じられていませんでした。