お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 宮城県内で初 東松島市で弾道ミサイル避難訓練

宮城県内で初 東松島市で弾道ミサイル避難訓練

2017年10月06日 12時17分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

北朝鮮の情勢が緊迫する中、宮城県東松島市は、国と県と合同で弾道ミサイルの発射を想定した避難訓練を県内で初めて行いました。訓練には東松島市の住民ら約250人が参加しました。防災行政無線でミサイル発射を知らせるサイレンが鳴ると、住民は一斉に屋内に避難しました。そして、安全確認が取れるまで屋内で待機し、ミサイル発射時に取るべき行動を確認しました。参加した住民は「逃げようがない。居る場所でできることをやるしかない」「マニュアル通りにやったが、もっと良い方法があるか体験することで考えが出ると思うので、(今後も)訓練はやった方が良い」と話していました。