お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 仙台の大学生らが衆院選・知事選へ投票呼びかけ

仙台の大学生らが衆院選・知事選へ投票呼びかけ

2017年10月12日 12時53分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

仙台市内の大学生らが、衆院選・知事選の投票を呼びかけました。12日は泉区の選挙管理委員会の職員や仙台市内の大学生ら37人が投票を呼びかけました。今回は選挙権の年齢が18歳以上に引き下げられてから初めての衆院選・知事選になります。参加した大学生「18歳という年齢から選挙に参加出来るようになって、多くの人に投票してほしいという思いから参加しました」県選管によりますと、前回2014年の衆院選は投票率が49・23%と過去最低で、2013年の知事選は36・58%と2番目に低い数字でした。とくに若い世代の投票率が低いことから、県選管は大学の構内でチラシを配るなどして投票を呼びかけるということです。