お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 宮城・三井物産子会社の女が横領 被害3億か

宮城・三井物産子会社の女が横領 被害3億か

2017年11月09日 13時07分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

三井物産の子会社の元従業員の女が、収入印紙約1000万円分を横領した疑いで逮捕・送検されました。被害は3億円に上る可能性があります。逮捕・送検されたのは、三井物産プラントシステム東北支社の元事務職員、北村かつら容疑者(49)です。警察によりますと、北村容疑者は4月から7月にかけて会社の収入印紙およそ1000万円分を青葉区の金券ショップに売却し、およそ960万円を横領した疑いが持たれています。会社では10年ほど前からおよそ3億円分の収入印紙が使途不明になっていて、警察は、このうちおよそ1億7000万円分については、北村容疑者が売却していることを確認しています。北村容疑者の母「私もう頭真っ白になって何も言われてなかったし。そういうの(使い道)分かんないんだよね。ぜいたくしていた訳でもないし」警察は、余罪の裏付けや金の使い道などについて調べを進めています。