お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 「列車で火災が起きたら…」仙台市地下鉄で訓練

「列車で火災が起きたら…」仙台市地下鉄で訓練

2017年11月10日 19時01分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

仙台市営地下鉄南北線の列車内で火災が起きたことを想定した防災訓練が行われました。「ただいま乗務室に異常通報器が鳴動しました」関係者200人が参加したこの訓練は、2015年6月に東海道新幹線で起きた車両火災を念頭に、地下鉄南北線の列車内で男が油をまき火をつけたという想定で行われました。訓練は実際の車両とホームを使って行われ、まず、乗客からの通報を受けた運転士が乗客およそ40人を避難誘導し、一方、消防は煙を吸い込んだ人などを抱えて車外に運び担架で搬送しました。仙台市交通局鉄道管理部氏家宏営業課長「夜間ですとかお客さまの多い少ないによって状況が変わる。今回の振り返りという部分をしっかり行って今後に役立てていく必要があると思う」