お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 宮城・気仙沼市の青果市場で初競り

宮城・気仙沼市の青果市場で初競り

2018年01月03日 11時42分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

宮城県気仙沼市の青果市場では恒例の初競りが行われました。気仙沼青果物流市場には関係者約300人が集まり、新年のスタートと商売繁盛を祈願しました。初競りでは大根やイチゴなど約15種類の野菜や果物が取引されました。去年夏の低温と秋の台風の影響で大根や白菜、キャベツの値段が平年の1.5倍から2倍近く上昇し、キャベツは一番高いもので1個300円でした。買受人は「去年の年末の金額は引きずっていると思うけど、例年の活気があって良い競りになったと思う」と話していました。気仙沼市では4日は魚市場で初競りが行われます。