お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 宮城県登米市 ライトバン単独事故で3人死傷

宮城県登米市 ライトバン単独事故で3人死傷

2018年05月17日 18時26分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

17日朝、宮城県登米市の県道でライトバンがコンクリート製の塀などに衝突する事故がありました。この事故で22歳の男性1人が死亡、2人が軽いけがをしました。警察によりますと、17日午前6時20分ごろ、登米市南方町大平の県道を走行していたライトバンが対向車線を越えて道路右側のフェンスやコンクリート製の塀に衝突しました。この事故で、後部座席に乗っていた大崎市岩出山下野目の会社員・片倉喜博さん(22)が腰などを強く打ちまもなく死亡が確認されました。また、運転手の29歳の男性と助手席に乗っていた28歳の男性が軽いけがをしました。事故当時、現場では雨が降っていて、警察はライトバンが濡れた路面でスリップした可能性があるとみて調べています。