お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 岩手・宮城内陸地震から10年 追悼式典

岩手・宮城内陸地震から10年 追悼式典

2018年06月14日 19時40分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

宮城県の栗原文化会館では、追悼式が行われました。式では、遺族代表が「悔しさや悲しみが消えることはない」と話しました。午前11時から執り行われた追悼式には約300人が参列し、はじめに遺族の代表として駒の湯温泉の菅原昭夫さんが今の心境を語りました。遺族代表・菅原昭夫さん「あの恐怖の日から10年が過ぎました。きょうまでひと時もあの日のことを忘れたことはなく今でも、悔しさや悲しみが消えることはありません」。そして遺族らの献花が行われたあと2008年に生まれた栗駒小学校の4年生42人が支援への感謝の気持ちなどを全員で述べました。栗駒小学校の児童「多くの人たちに栗原を応援していただき感謝しています」「社会のために自分の役割を果たすことが出来る大人に成長したいと思っています」。