お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 【宮城】東京五輪聖火リレー福島出発 宮城は6月

【宮城】東京五輪聖火リレー福島出発 宮城は6月

2018年07月12日 18時30分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

2020年東京オリンピックの聖火リレーの出発地が福島県に決まりました。宮城県を通るのは6月の3日間。聖火は2020年3月26日に福島県をスタートし太平洋側を進みます。沖縄県で折り返して、北海道まで北上。そして6月20日から3日間宮城県を通り、約4カ月かけて東京都を目指します。出発地は東日本大震災の復興の弾みになればと福島県が選ばれました。宮城県石巻市は復興した姿と感謝を世界に発信したいと出発地の誘致を積極的に行ってきましたがかないませんでした。石巻市民「残念です!」「まあ残念だけど、福島もおんなじ被災者だからね」石巻市亀山紘市長「同じ被災地である、しかも原子力災害地である福島からの出発ということに関してはむしろ我々としては、私としては評価をいたしております」具体的なルートは、都道府県ごとに設置される委員会が年内をめどに検討します。また東北の被災3県では、リレーを始める前に、聖火の種火を「復興の火」として展示する予定です。この「復興の火」について村井知事は「復興支援への感謝と復興した姿を世界に発信する機会にしたい」とコメントしています。