お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 北海道地震 宮城県と自治体がむかわ町へ職員派遣

北海道地震 宮城県と自治体がむかわ町へ職員派遣

2018年09月14日 18時54分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

大規模災害で被災した自治体に特定の自治体から集中して職員を派遣する制度があります。宮城県と東松島市はその制度に基づき、北海道のむかわ町に職員を派遣しました。第1陣として派遣されるのは、県と東松島市の事務職員合わせて4人で、14日出発式が行われました。4人は各県に支援先が割り振られる制度に基づき派遣されるもので、むかわ町では主にり災証明書の発行に必要な家屋の被災調査に当たります。出発式では県の伊東昭代総務部長が「震災の経験を生かし、被災者のためにしっかりと活動してきてください」と激励しました。県仙台中央県税事務所・熊谷勝義主幹「住民に寄り添った形の支援ができるように考えています」県は今後、県内の自治体と調整して1週間交代で職員を派遣していくということです。