お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 宮城・にぎわい復活へ!閖上の新商業施設が着工

宮城・にぎわい復活へ!閖上の新商業施設が着工

2018年10月11日 19時04分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

名取市閖上では被災した飲食店などが入る新たな商業施設の建設が始まりました。にぎわい復活へ!オープンは来年4月の予定です。起工式には関係者らおよそ80人が出席し、工事の安全を祈願しました。新しい商業施設の名称は「かわまちてらす閖上」です。被災した事業者などで作る会社が、学校や災害公営住宅が整備される名取川の堤防付近に建設します。木造平屋建てで敷地面積はおよそ1200平方メートル。総工費は3億2000万円で、被災した飲食店や鮮魚店など27店舗が入ります。一部は仮設商店街の「閖上さいかい市場」から移転します。オープンは来年4月の予定です。かわまちテラスの桜井広行社長は「閖上の自然と一緒に我々の商業施設でおいしいものを食べていただいたりとか、そういう時間を空間を楽しんでいただけるように頑張っていきたいと思っている」と話していました。平日はおよそ1000人、土日祝日は5000人の人出を見込んでいるということです。