お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 宮城・南三陸警察署が震災行方不明者の捜索

宮城・南三陸警察署が震災行方不明者の捜索

2018年11月09日 11時53分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

間もなく東日本大震災から7年8ヵ月です。県内では1200人以上が行方不明のままで、南三陸町では捜索が行われています。南三陸警察署では月命日にあわせて捜索を行っていて9日は南三陸町戸倉の寺浜漁港付近の海岸で実施しています。月命日の捜索をこの一帯で行うのは今回が初めてです。捜索では警察官6人がレーキなどで流木を撤去しながら、行方不明者の手掛かりを探しています。南三陸警察署の千葉茂地域課長は「以前に比べて復興に伴う防潮堤工事の進捗等により、新たな捜索場所を発見するのは難しくなっていると思う」などと述べました。震災による県内の行方不明者は1222人でこのうち南三陸町では211人が今も行方不明のままです。