お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 無病息災願い 陸奥国分寺で“火渡り修行”

無病息災願い 陸奥国分寺で“火渡り修行”

2019年02月11日 18時41分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

仙台市若林区の陸奥国分寺薬師堂で無病息災を願う「火渡り修行」が行われました。陸奥国分寺薬師堂の火渡り修行は、旧暦の正月の時期に合わせて毎年行われていて、火の上を歩き、身を清め、無病息災を祈願する儀式です。重信友里アナウンサーリポート「護摩壇の火の中で参拝者の願いが書かれた護摩木をたきあげ、本尊に願いを届けます。焚き上げた火が収まると、いよいよ火渡り修行の始まりです」火が収まってくると、参拝者は自身の願いが成就するように、まだくすぶっている火の上を裸足で歩きました。重信友里アナウンサーリポート「初めて火の上を歩くので不安や緊張はありますが、今年一年の健康を願いながら歩いてきます」恐る恐る重信アナウンサーも健康を祈願し挑戦です。重信友里アナウンサーリポート「無事に終わりました。熱かったんですが、身も清まり、今年一年、健康に過ごせそうです」寒さも吹き飛ぶような熱気の中、大勢の人がこの火渡り修行にチャレンジしました。参拝した親子「熱かった」「みんなが健康で過ごせたら良いなと思っています。良い1年になると良いね」参拝者「初めてなので、どんな所なのかなと思ってきた。まず健康に、そして明るく過ごしたいと思います」