お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 仙台の動物園 絶滅危惧種 クロサイの赤ちゃん誕生

仙台の動物園 絶滅危惧種 クロサイの赤ちゃん誕生

2019年02月12日 18時54分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

太白区のズーパラダイス八木山で絶滅危惧種に指定されているクロサイの赤ちゃんが生まれました。来月、一般公開を予定しています。今月5日に生まれたばかりのクロサイの赤ちゃんです。性別はメスで体長は90センチほど。元気に母乳を飲み順調に成長しているということです。クロサイの繁殖は非常に難しいといわれていて、ズーパラダイス八木山での繁殖は初めてです。クロサイは世界でも5000頭が確認されているのみで絶滅危惧種に指定されています。国内では今回の繁殖で24頭目となりました。ズーパラダイス八木山の千田圭飼育展示係長は「可愛らしい赤ちゃんで大変うれしく思っています。無事健康に大きく育てていきたいと思っています」と話していました。クロサイの赤ちゃんは来月には一般公開され、その後、名前を公募する予定です。