お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 震災の教訓を生かす 石巻消防に高度救助隊が発足

震災の教訓を生かす 石巻消防に高度救助隊が発足

2019年04月15日 18時32分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

東日本大震災の教訓を生かし、大規模災害に備えます。高度な機材を使って人命救助を行う部隊が石巻地区消防本部に発足しました。15日は人命救助の専門教育を受けた隊員14人が高度救助隊に任命されました。高度救助隊は、倒壊した建物に取り残された要救助者の声や動きをセンサーで探知する機材やがれきの隙間を探索するファイバースコープなど、通常の救助隊では持たない高度な機材を使って救助に当たります。東日本大震災では機材が不十分で救助に時間がかかったため、迅速に救助ができるように態勢を強化しました。県内の消防にこうした救助隊が設置されるのは仙台に次いで2つ目です。石巻救助隊・佐藤潤隊長「東日本大震災を経験した我々は全国の皆さんに支援をいただいたので、その恩返しとして多くの住民を救いたい」高度救助隊は今後、全国の災害現場に派遣される予定です。