お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 東北管区の警視正を戒告処分 問題集執筆で現金受領

東北管区の警視正を戒告処分 問題集執筆で現金受領

2019年07月12日 12時36分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

東北管区警察学校の男性警視正が警察官の昇任試験の対策問題集の原稿を執筆し、現金約120万円を受け取っていたとして、12日付で戒告の懲戒処分を受けました。戒告の懲戒処分を受けたのは、宮城県警から東北管区警察学校に出向していた56歳の男性警視正です。東北管区警察局によりますと、男性警視正は去年3月から東京の出版会社の依頼に応じて、警察官の昇任試験の対策問題集の原稿を執筆し、現金約120万円を受け取り、兼業を禁止している国家公務員法などに違反したということです。男性警視正は「警察組織の信用を著しく失墜させ申し訳ない」と話していて、12日付で依願退職しました。東北管区警察局の調査では、男性警視正が出向前の2012年10月から毎月執筆を続けていて、出版社から総額約750万円を受け取っていたことが確認されています。