お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 大学職員の男を逮捕・送検 次男を殺そうとした疑い

大学職員の男を逮捕・送検 次男を殺そうとした疑い

2019年08月14日 11時16分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

障害のある次男を殺害しようとしたとして、大学職員の男が殺人未遂の疑いで逮捕され、14日、身柄が仙台地検に送られました。逮捕・送検されたのは、仙台市宮城野区田子西の大学職員、田口睦夫容疑者(62)です。警察によりますと田口容疑者は、12日午後6時半ごろ、仙台市若林区の空き地に停めた車の中で、次男(30)の首を包丁で切りつけ殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いが持たれています。次男は病院に運ばれましたが、命に別状はありません。田口容疑者が切り付けたことを妻に話し事件が発覚しました。次男には重い障害があり施設に入所していますが、お盆で実家に戻っていました。田口容疑者は「介護から解放されたかった」と容疑を認めています。