お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 小泉環境大臣誕生に宮城から期待の声

小泉環境大臣誕生に宮城から期待の声

2019年09月11日 18時39分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

今回の内閣改造では、被災地を度々を訪れていた小泉進次郎議員も環境大臣として入閣しました。宮城県内では若い大臣に期待の声が集まっています。現在、県内には福島第一原発の事故で汚染された牧草や稲わらなど指定廃棄物が、あわせて約3300トンも保管されたままになっています。これらは、国の責任で処理することになっていて保管場所の近くで農業を営む人たちからは1日も早く処理して欲しいと求めていました。農家「国の責任で処理していただきたいと思いますので、新しい若い大臣が誕生したようですので勇気ある判断で早く処理を急いでいただきたいと思います】小泉議員は2013年から約2年間復興大臣政務官を務め、被災地を精力的に訪問していました。当時、視察に訪れた亘理町で立ち寄ったという定食屋では…。「入閣を心から喜んでおります。若い小泉さんに新しい風を吹かせて欲しいと思っています。期待しています」さらに県内各地から若い力に期待する声が多く聞かれました。南三陸町民「小泉さんは震災後被災地を度々訪れておりまして被災地のこともよく理解されている。若いながらなかなかのやり手ということでこれから大いに期待しています」仙台市民「政治に若い人の関心がないからそういう関心持てるようなそういう意味で小泉さんが入るというのは良いんだけど」【スタジオ】また、宮城県選出の議員では宮城2区の秋葉賢也衆議院議員が総理大臣補佐官に任命され、宮城3区の西村明宏衆議院議員が内閣官房副長官に任命されました。