お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 大郷町 住民は後片付け 災害ごみ仮置き場設置

大郷町 住民は後片付け 災害ごみ仮置き場設置

2019年10月16日 19時13分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

台風19号で吉田川の堤防が決壊し広い範囲が浸水した大郷町の粕川地区では16日も住民らが後片付けに追われました。大郷町の粕川地区では台風19号で吉田川が増水して堤防が決壊し、住宅が浸水する被害を受けました。現地では水が引いた後の片付けが16日も続いて、こちらの住宅では家族に加え親戚が駆けつけ、壊れた家電を車に積み込んでいました。一方、こちらは大郷町の大松沢社会教育センターに設けられた災害ごみの仮置き場です。町では15日から災害ごみの受け入れを始めました。町では、災害ごみを持ち込む場合は分別の協力を求めています。仮置き場の受け入れ時間は午前9時から午後4時までです。