お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 宮城県内で4人の感染確認 うち1人は通信社の記者

宮城県内で4人の感染確認 うち1人は通信社の記者

2020年07月11日 20時52分

ニュース画像

宮城県内では11日、新たに新型コロナウイルスの感染者が4人確認されました。県内の感染者はこれで104人になりました。感染が確認されたのは仙台市の10代女性と30代男性、それに登米市の50代男性と七ヶ浜町の20代男性のあわせて4人で、いずれも重篤な状態では無いということです。このうち仙台市の30代男性は、仙台市政を担当する共同通信社の記者で、濃厚接触者に同じ職場の7人が確認されています。仙台市によりますと、この男性記者はけん怠感や味覚の異常が出た8日と9日に記者室に出入りし、この両日に行われた新型コロナウイルスの感染者に関する市の記者会見を取材していました。記者の感染を受け共同通信社は「保健所など関係機関と協力し、感染拡大防止に努める」とのコメントを出しています。仙台市の10代女性は、9日に感染が確認された別の10代女性の濃厚接触者で、同じ学校に通う学生です。6日から9日まで公共交通機関で通学していましたが、マスクをして乗車していたということです。登米市の男性は、3日に感染が判明した石巻市の20代女性の濃厚接触者で、5日の検査結果では陰性でしたが、10日に発熱などが出たため再検査を受けたところ陽性と判明しました。七ヶ浜町の男性は感染経路が不明です。これで宮城県内の感染者は、すでに治療を終えた人も含めて104人になり、また7月に入ってからは10人に上ります。