お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 秋山シーズン 山岳遭難に備え 仙台で救助訓練

秋山シーズン 山岳遭難に備え 仙台で救助訓練

2020年10月17日 10時11分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

本格的な秋山シーズンに合わせて、仙台市青葉区の山中で16日、遭難者の救助訓練が行われました。訓練は警察官や関係者ら33人が参加して行われ、低体温症に対応した搬送方法や、新型コロナウイルスに対応した救助方法を確認しました。その後、実際に山に入り、遭難者役を担架に載せ、ヘリコプターが近づける場所まで運ぶ訓練をしました。警察によりますと、県内では今年、28件の遭難事故が起きていて、過去10年の同じ時期に比べ、最も多くなっています。宮城県警・菅原貴弘地域課課長補佐「山岳に入られる方には、事前の準備を万端にして、万が一遭難した際には、早期110通報で救助を求めるようお願いいたします」警察では「今年は山に慣れていない人の入山が増えている」として、注意を呼びかけています。