お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 高校生が地元食材使ったスープ開発 スマイル“フード”プロジェクトin東北 

高校生が地元食材使ったスープ開発 スマイル“フード”プロジェクトin東北 

2020年11月22日 12時03分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

東北各県の高校生が、地元の食材を生かしたスープのアイデアを競うコンテストが青葉区で開かれました。このコンテストは、東洋水産が主催し、今回で6回目を迎えた「スマイルフードプロジェクトin東北」です。東北各県の46校、196チームが応募し、書類審査を勝ち抜いた各県代表の6チームが決勝大会に参加しました。宮城代表・宮城農業の作品は、郷土料理の「じゅうねん汁」からアイディアを得た「伊達な宮城じゅうねんスープ」。飲みやすいように豆乳をベースにして、宮城サーモンを使ったつみれを加えました。優勝したのは福島県のチームでした。東洋水産では、優勝作品をフリーズドライスープとして来年秋に商品化し、発売する予定です。