お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > “ルイ・ヴィトン”偽物の靴販売 衣料品店経営の男逮捕「コロナで…」

“ルイ・ヴィトン”偽物の靴販売 衣料品店経営の男逮捕「コロナで…」

2021年01月14日 11時44分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

 高級ブランドの偽物の靴を販売したとして、仙台市太白区の自営業の男が逮捕されました。

 商標法違反の疑いで逮捕されたのは、太白区萩ケ丘の自営業、鹿野穫容疑者(38)です。

 警察によりますと、鹿野容疑者は、去年12月、経営する青葉区大町の衣料品店で、高級ブランド「ルイ・ヴィトン」に似せたロゴをつけた靴1点を2万5000円ほどで販売した疑いが持たれています。

 鹿野容疑者は容疑を認めていて、「コロナの影響で客が減り、店の売り上げが減っていたため、自分で作って販売していた」と話しているということです。

 店内には、ほかにも偽のロゴが入った靴が数点あり、警察は販売を繰り返していた可能性があるとみて調べています。