お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > khbニュース > 宮城・石巻市3人殺傷事件 最高裁判所は再審を認めず

宮城・石巻市3人殺傷事件 最高裁判所は再審を認めず

2021年10月14日 15時17分

ニュース画像

 2010年に宮城県石巻市の住宅で3人を殺傷したとして、殺人などの罪で死刑が確定した元少年は、再審、つまり裁判のやり直しを求めていましたが、最高裁は認めない判断をしました。

 この事件は2010年2月、当時18歳だった千葉祐太郎死刑囚が、石巻市で元交際相手の少女の家に押し入り、少女の姉ら2人を刃物で殺害し1人に重傷を負わせたとして殺人などの罪に問われ、2016年に最高裁で死刑が確定したものです。

 千葉死刑囚の弁護側は「犯行に計画性は無かった」などとして判決の事実認定に誤りがあるとし、2017年に再審を求めていましたが仙台地裁と仙台高裁は認めませんでした。

 このため千葉死刑囚は特別抗告していましたが、最高裁判所は11日付けで請求を退けた仙台地裁と仙台高裁の決定を支持し、棄却しました。