お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > khbニュース > 宮城県病院再編構想に反対 県医労連などが署名活動を開始

宮城県病院再編構想に反対 県医労連などが署名活動を開始

2021年11月25日 18時10分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

 医療従事者の組合も病院の再編に反対する署名活動をスタートさせました。

 署名活動を行うのは、宮城県内の医療従事者の労働組合である県医労連などで、県の4病院再編構想に反対するとともに再編構想の検討経過を明らかにするよう求めています。

 県医労連小玉高弘書記長「県民のための地域の医療を充実させるのであれば、病院を移転させたり統廃合するのではなく今ある病院を充実させることが優先ではないか。これは仙台市民だけの問題ではなくて、県民全体の医療を良くするという意味の署名にもなる」

 署名活動は25日から始まり、半年ほどをかけて数万筆を集めたいとしています。

 また12月、東北労災病院がある仙台市青葉区の住民や患者などが中心となって「東北労災病院を守る会」を結成し、県民の理解を深めるためシンポジウムを開催するということです。