お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > ANNニュース > 刃物で切られたような複数の傷…男性が血を流し死亡

刃物で切られたような複数の傷…男性が血を流し死亡

2019年11月8日 18時31分

ニュース画像

 8日午後、東京・東久留米市の住宅で50代とみられる男性の遺体が見つかりました。警視庁は殺人事件の可能性があるとみて捜査を始めました。事件現場から報告です。  (社会部・中條雄喜記者報告)  事件は住宅街で起きました。周辺には畑が広がっていて、ここ10年以内に整備された住宅街だということです。最寄り駅は西武新宿線の花小金井駅や池袋線の東久留米駅ですが、いずれもバスで15分ほどかかる場所です。現場には今も規制線が張られていて、警察犬も使われて鑑識活動が続いています。  午後1時20分、東久留米市下里の住宅で「玄関横のガラスが割られている」とこの家の住民の息子から110番通報がありました。警察官が駆け付けると、住宅の2階の部屋のベッドで50代とみられる男性が上半身から血を流して死亡しているのが見つかりました。男性の着衣に乱れはありませんでしたが、刃物で切られたような複数の傷があったということです。今のところ、凶器などは見つかっていません。  この家に住む女性とその娘は2日からイタリアに旅行に行っていて、7日午後11時ごろまでは男性と連絡が取れていましたが、その後に連絡が取れなくなったと話しているということです。警視庁は、死亡した男性がこの知人男性とみて身元の確認を急ぐとともに、殺人事件の可能性があるとみて調べています。