HOMEうじきつよしのワンダーポケットヘロンの噴水の作り方






刃物や道具の取り扱いには充分注意し、ケガをしないようにしましょう。
小学生などの低年齢の方が工作を行なう場合は、必ず保護者と一緒に行なってください。

 《図1》※画像をクリックすると大きく表示されます
1. 500mlペットボトル (円筒形の硬めのもの) 3本
2. 曲がるストロー 3本
3. 透明ビニールテープ
4. プラスチック用接着剤
5. カッターナイフ
6. はさみ
7. 刃先の円い彫刻刀

用意するもの

図1
*ペットボトルとストローには、あらかじめ(A・B・C)(x・y・z)など
 目印をつけておくと判りやすいですよ!



 ※画像をクリックすると大きく表示されます

最初は3本のストローから!
まず2本を使い、17センチ(y)と13センチ(z)のものを作り、もう一本に(z)の余りを足して30センチ(x)のものを作ります。《図2》
図1
図2

(y)の余りで4センチのものを作り、それをハサミで切り開き、これを丸めて先を細くしたらテープで止めノズルを作ります。《図3》
図3
図3

本体になるのが、3つのペットボトル。(A)(B)(C)
このうち2つ(B)(C)は、底から2、3センチの出っ張った部分を切り落とします。《図4》
図4
図4

底無しボトルの1つ(B)の上部に、ストローより大き目の穴を彫刻刀を回すようにして空けます。《図5》
図5
図5

続いてキャップ。3つのうち、1つは中央に、もう1つには2つのストローが通る穴を彫刻刀を回すようにして空けます。《図6》
図6
図6
終わったら、1つ穴に17センチのストロー(y)を通してノズルを被せ、接着した後、上部に穴をあけたボトル(B)に取り付けます。《図7》《図8》
  図7
図7

図8
図8

そして2つ穴は残り2本のストロー(x)(z)を通し、接着した後、底ありボトル(A)に取り付けます。《図9》
図9
図9
ここで接着剤が乾くまで半日程待ちましょう。
さて組み立てです。
まず2本ストローのボトル(A)に、1本ストローのボトル(B)を被せます。これと同時に、下の30センチストロー(x)の先を上部の穴に通し、1センチ程出た位置を切り落とします。《図10》《図11》
この穴の隙間も接着剤で塞ぎます。
  図10
図10

図11
図11

最後に、残りのボトル(C)を被せて、それぞれのボトルの継ぎ目をビニールテープでしっかりと巻き《図12》

一日ほどかけてもう一度接着剤を乾かしたら出来上がりです!《図13》《図14》

図12
図12
  図13
図13

図14
図14






この噴水の成功のポイントは、水の入れ方!《図15》
図15
図15

まず最初に、下のボトル(A)が3分の2ぐらい溜まるまで入れます。《図16》
図16
図16

次に全体を逆さにして、その水を真中のボトル(B)が4分の3ぐらいになるまで流し込みます。《図17》
図17
図17
注ぎ口が上になるよう元に戻し、再び一番上のボトル内のノズル付近まで水を注ぐと・・・噴水が!下のボトル(A)に半分ほど水が入ったところでキャップを閉めれば完成です。《図18》《図19》
  図18
図18

図19
図19
噴水が終わったら、全体を逆さにし、下のボトル(A)の水を(B)に戻すと再び噴水が見られます。もし噴水が出ない場合は、軽くボトルを押してきっかけを与えてください。