新入社員紹介

中央大学 国際経済学科
佐藤 久元
立教大学 文学部
山﨑 奈瑠美
慶應義塾大学 文学部
渕井 亮太
東京外国語大学 国際社会学部
野口 ちひろ
福島大学 行政政策学類
松浦 祐希
伊藤大悟
配属:アナウンス部
大学:早稲田大学教育学部
出身:愛知県小牧市
重信友里
配属:アナウンス部
大学:明治学院大学社会学部
出身:愛知県名古屋市
堀込健斗
配属:営業部
大学:東北大学経済学部
出身:山形県上山市
山崎將
配属:報道部
大学:明治学院大学法学部
出身:東京都目黒区
佐藤南海
配属:編成部
大学:千葉大学法政経学部
出身:宮城県大崎市
坪北奈津美
配属:アナウンス部
大学:松山大学経営学部
出身:愛媛県今治市
村松美紗
配属:報道部
大学:東北大学法学部
出身:静岡県浜松市

Q1どんな学生生活でしたか

サークル(アカペラ)漬けの毎日でした。演奏活動に精を出し、遠征で日本各地を飛びまわっていました。

村松
学友会サッカー部に所属していました。古着屋でアルバイトをしていて、二度ヨーロッパへ買い付けに行ってきました。その他にも海外旅行に行き、楽しい学生生活を送ることができました。

堀込

坪北
愛媛みかん大使やカフェのアルバイトなど、やりたいと思ったことには何でも挑戦していました。

重信
憧れの場所で、アルバイト漬けの毎日でした。楽しくて、10時間の勤務も笑顔で終えられるほど、好きなことに没頭していました(笑)あっという間の4年間で毎日が宝物になっています!

山崎
15年間野球をしてきましたので、大学時代も野球居酒屋やスポーツ専門サイトでアルバイトをし、常にスポーツと近いところで過ごしてきました。
勉強、サークル、バイト、海外でのボランティアや協同学習と毎日忙しく過ごしていました!見知らぬ土地を訪れることが大好きだったので海外はよく旅しており、特にインドネシアの孤児院でのボランティアは、自分の価値観を変えるとてもいい経験になりました。

佐藤
競走部でマネージャーをし、関東学生陸上競技連盟という組織で箱根駅伝などの陸上競技の大会を運営していました。

伊藤

Q2KHBを志望した決め手は何ですか

インターンシップや面接を通して、人の温かさを感じたからです。

佐藤
僕も面接の雰囲気の良さは感じました。

堀込

坪北
私も社員の皆さんのアットホームな雰囲気が好きでした!
僕も同じで、社員の方々の温かさを感じました。面接が進むに連れて、どんどん入社したいという気持ちが強くなっていきました。

伊藤
私は、就職活動を振り返ったとき、最も熱心に受験できていた会社だったからです。またKHBで働いている自分の姿を、なんとなく想像できた事も大きな理由でした。

村松

重信
私は、野球に関わりたかったからです。また、より地域と近い報道ができると感じました。
仙台はスポーツが盛んな場所ですし、KHBはスポーツに熱い局ですよね!

伊藤
スポーツもですが、自社制作番組の多さも魅力的でした!

堀込

坪北
アナウンサーとしても、自社制作番組が多いというのは仕事の幅が広がるので、やりがいがあると感じました。

山崎
シンプルに、いろんな意味で良いご縁があった会社だからです。

Q3就職活動の状況を教えて下さい


山崎
テレビ局
各地の放送局を受験したことでこの業界で働きたい気持ちが強くなりました。
マスコミ、損害保険、人材、玩具など
自分のやりたいことを見失った状態で就職活動を始めたので、様々な業界を幅広く見ていました。最終的には、自分が社会の出来事や問題にずっと興味を持っていたことを思い出し、KHBに入社を決めました。

佐藤
マスコミ(新聞・テレビ)
「どうせ入れる会社はひとつだけなんだから」とのびのび受験していました。それが功を奏したのか、変に緊張することもなく自分らしい就職活動ができたと思います。

村松
テレビ局・損保
真面目に就活をするような学生ではなかったので、多くの業界、企業を受けませんでした・・・テレビ局を受けようと思ったのは、テレビが好きだったという単純なものから始まりましたが、選考が進むにつれ、より魅力の多い業界だと感じました。

堀込
テレビ局
アナウンサー職を中心に就職活動をしていました。なかなか内定がもらえず苦しいと感じることもありましたが、悲観的にならず「ダメならその時考えればよい!」という気持ちで臨んでいました。

伊藤

坪北
テレビ局(アナウンサー職)
小学4年生からのアナウンサーという夢にまっすぐに挑戦できた就職活動は、自分自身とても成長できた期間でした。つらいこともありましたが、逃げずに向き合ったことが、よかったと思います。

重信
テレビ局
『伝える』仕事に就きたいと思っていたので、テレビ局に絞って受験していました。悩んだときに他業界を受験しましたが、「やっぱり私は言葉にこだわっていきたい!」と思い再度アナウンサーに絞りました。

Q4就職活動をしている学生に向けてアドバイス!

就活で悩んだら、自分が今まで大切にしてきたことや、心が熱くなったものを思い出してみるといいと思います!何か1つは思い当たることがあるのではないでしょうか!応援しています。

佐藤
ダメな結果になってしまってからの切替えが一番大切だと感じました。「この会社には縁がなかったんだ」と思って、自分に悲観的にならずに自信をもって就職活動をしてください。

伊藤
最も大切なことは、猫をかぶらないことだと思います。決して失礼をしてはいけませんが、自分なりの考えを自分だけの言葉で伝えることを大切にしてください。

村松
私みたいな人間でもなんとか就活を乗り越えることができました(笑)私の考えですが、ありのままの自分をさらけだすことができれば、自分に合った会社選びができると確信しています。

堀込

坪北
正解のない就職活動、答えを見つけるのは皆さん次第だと思います。悩みや不安もあると思いますが、失敗を恐れず、自分の信じた道を進んでください!

重信
『自分はそこで何をしたいのか』を深く追求することで、本当にやりたいことが見えてくると思います。辛くても諦めることなく、「ここで花を咲かせるんだ」と強い想いを忘れずに、人生を切り開いていきましょう!

山崎
熱い想いをぶつけられるように頑張って下さい!