お問い合わせ

トップページ > 会社案内 > 番組向上の取り組み > 番組審議会 > 第44期 番組審議会議事概要 > 平成の大修理 落慶法要記念特別番組「国宝 瑞巌寺 永遠なれFOREVER」

平成の大修理 落慶法要記念特別番組「国宝 瑞巌寺 永遠なれFOREVER」

開催日 2018年10月24日(木曜日)

平成の大修理 落慶法要記念特別番組「国宝 瑞巌寺 永遠なれFOREVER」(2018年8月11日放送)

 10月24日10時30分からKHB東日本放送本社で、第442回東日本放送番組審議会が開催され、平成の大修理 落慶法要記念特別番組「国宝 瑞巌寺 永遠なれFOREVER」(2018年8月11日放送)について審議しました。
 委員からは「瑞巌寺について、2008年から約10年間継続して取材をしているというのは素晴らしい事。大修理の様子がしっかりと構成されていて、質の高い貴重な番組だった」「様々な修復の様子が紹介されていたが、職人の技と現代の技術が融合された、見応えがある素晴らしい内容だった。また、あまり知られていない修行の場としての瑞巌寺も描かれていて、興味深かい内容だった」「修復工事に全国の職人が関わっていて、国宝である瑞巌寺の貴重さを改めて知った。また職人の誇りや想いも伝わってきた」という評価がありました。
 一方で「耐震工事の部分で、修復後どのくらい耐震性が向上したのかを、実験等を通して詳しく知りたかった」「放送時間は限られていると思うが、各パートの内容をもっと詳しく紹介してほしかった」「修理と修行のパートの繋がりをもっと明確にすると、内容が分かりやすい構成になったのではないか」という意見が出ました。
 番組担当者は「約10年間取材をしていく中で、修理に関わる職人さんの想いと、政宗公の思い描いた瑞巌寺の本来の姿を伝えたく、番組を制作しました。いただいた意見を真摯に受け止め、これからも取材や番組制作をしていきたいと思います」と語りました。