お問い合わせ

トップページ > 会社案内 > プレスリリース > テレメンタリー2016“3.11”を忘れない62 必ずこの手で~海の底で待つ家族へ~

テレメンタリー2016“3.11”を忘れない62 必ずこの手で~海の底で待つ家族へ~

テレメンタリー2016“3.11”を忘れない62
必ずこの手で~海の底で待つ家族へ~

 KHB東日本放送(本社:宮城県仙台市)では、東日本大震災の津波で行方不明になった家族を捜し続ける遺族を追いかけたドキュメンタリー番組を放送します。
 東日本大震災から5年。津波にのみ込まれた妻、そして娘の手掛かりを求め、今も冷たい海で捜索を続ける2人の遺族がいます。宮城県女川町の高松康雄さんと石巻市の成田正明さんです。2人は“いつまでも冷たい海の中に家族を残しておくわけにはいかない”と、震災後に潜水士の資格を取得し、捜索を続けています。
 しかし、復興が進むにつれ、捜索エリアは縮小。捜索回数も減り、行方不明者の捜索は困難さを増しています。もうすぐ60歳になる2人。わずかな可能性を信じて、今も大切な家族との再会を待ち望みながら潜り続けます。ナレーションは俳優の萩原聖人さんです。

KHBでの放送日時
2016年4月6日(水)午前1時56分~2時26分
 *「テレメンタリー」はテレビ朝日系列各局で放送しますが、放送日時は局により異なります。
番組名
テレメンタリー2016 “3.11”を忘れない62 「必ずこの手で~海の底で待つ家族へ~」
制作
KHB東日本放送
img01.jpg
再会を信じて・・・最愛の娘を捜す成田正明さん