お問い合わせ

トップページ > KHBアナウンサー > 若月貴代 > ブログ記事一覧 > 115 ご報告

若月貴代

若月 貴代

115 ご報告

2016年03月25日

お世話になった全ての皆様へ

突然のご報告になりますが、
3月末でKHB東日本放送を退社することになりました。
7年間この宮城の地でアナウンサーとしてお仕事をすることができ、
とても幸せでした。
KHBをご覧頂いた皆さん、お世話になった全ての方に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

振り返れば、入社2年目の時に東日本大震災を経験し、
翌日には南三陸町に入って取材をしました。高台にある志津川中学校から見た光景。
夢だと思いました。ただ立ち尽くすだけで言葉が出てきませんでした。

ついその一週間ほど前には、海鮮をふんだんに使ったキラキラ丼の取材で
南三陸町の飲食店を取材し、『これからの南三陸が楽しみですね!頑張って下さいね』と
店主の皆さんと笑顔で話していたばかりでした。

志津川中学校に避難してきた80代の男性は
『なにをどうしていいか分からない・・・』と涙ながらにおっしゃっていました。
私も、ただただ涙が止まらず、うなずくことしか出来ませんでした。

当時、みなさんにマイクを向けお話を聞くことが一体誰のためになるのか、
報道することで誰かが救えるのか。ボランティアをしたほうがよっぽど人の為になるのではないか。
自問自答の日々の中で、自分の無力さが歯がゆくて、仕方ありませんでした。

しかし、震災から5年の間に、地元の局として、多くの取材をし、
その変わっていく姿を捉えてきました。
変わるもの、変わらないもの。
その速度も、人によって、ものによって様々です。

その姿をずっと追い続けることが地元の局の責務だと思っております。
そしてKHB東日本放送は、宮城・東北のためになる放送をこれからも続けて参ります。

私自身は、仙台を遠く離れ、福岡県で再び放送に携わることになりました。
ただこれからもまた違った形で宮城・東北と関わるつもりです。

皆さん本当にありがとうございました。

またお会いできる日まで・・・・・kh