お問い合わせ

トップページ > KHBアナウンサー > 渕井亮太 > ブログ記事一覧 > 011 てっぱくにいこうよ!

渕井亮太

header_huchii.jpg

011 てっぱくにいこうよ!

2018年07月08日

みなさま、お久しぶりでございます。

新人(とくに女性陣)のブログ更新頻度がとても高く、


「早くも更新数で抜かれてしまうのではないか・・・」


・・・・・・・


・・・・・・・


危機感マックスの渕井です。負けないぞ。

 


 

 

さて、先日キニナルのロケで埼玉県大宮にある鉄道博物館(通称「てっぱく」)にお邪魔しました!

なぜ仙台を離れ埼玉にわざわざ・・・といいますと、、、

ちゃんと理由があるんです!!!

 

今月5日に新館がオープン!!!報道関係者向けの先行公開があったからなんです↑↑

おっと、だんだんと鼻息が荒くなってしまいました。

というのも私渕井、鉄道博物館はもちろん、前身の交通博物館(万世橋)時代から通い詰めていたんです。

ブログを書いているだけでテンションが上がってしまうわけです。



少し気持ちを落ち着けまして・・・

先日放送したキニナルミュージアムでもお伝えしましたが、改めててっぱく新館の見所をご紹介しましょう!!

 

まず入ってすぐの場所(1F)でお出迎えしてくれているのが、

 DSC_01271.JPG

 

新幹線400系(奥)と新幹線E5系(手前)。

 

E5系は東北新幹線でおなじみですよね。

最高時速320キロで走る足の早い新幹線です。


400系は1992年の山形新幹線の開業当初から走っていた車両です。初めて在来線の線路を走った“ミニ新幹線”としても知られています。

その発祥ともいえる400系。

「つばさ」といえば、ピンと来る方も多いのではないでしょうか。

 

DSC_0128.JPG 

↑ 方向幕(行先表示)も当時のまま。デジタル表示が多くなっている現在、この幕を見られるのは貴重です。

 

アナウンス部きっての新幹線通(自称)としては
元祖ミニ新幹線」と「日本最速新幹線」という2人
をキャスティングした、

てっぱくさんのセンス
に敬服します。

 

 

 

そして、お子さんに特に嬉しい、体験コーナーも充実しています。

 

まずはこちら!!

 

 DSC_0131.JPG


そのE5系新幹線を実際に運転できちゃうんです(※別途500円必要)。


くぅぅぅぅぅ!!!!

リッリアルすぎるぅぅぅぅぅ!!!!


開業初日には、なんと安倍総理大臣も運転されたそうですよ!!


ちなみに3つのコースから好きなもの選ぶことができ、今回は福島-仙台間を運転しました。

 

時速320キロの運転席からの景色をワンコインで体感できてしまうというわけです。

 

また、車内放送や到着時のチャイムまで、忠実に再現されています。

音鉄(注:発車メロディやアナウンスに関心を持つ鉄道ファンのこと)の渕井としては、も~~~うたまりません。

 

 

このほかにも京浜東北線209系の実際に使われていた車両で「車掌体験」もできるんです。

 IMG_1367.jpg

 

↑ 車掌になりきっている場面。学生時代よく乗っていたので、カンペを見ずにアナウンス。(秋葉原到着時)

 

どの体験コーナーも緻密に再現されていて、大人でも楽しむことができました!!

とはいっても、ここは鉄道「博物館」。

じっくり鉄道の歴史などを振り返りたいという方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんなあなたにオススメなのが、3Fにある「歴史ステーション」。

日本の鉄道を黎明期から現在に至るまで6つの時代に区分し、展示を行っています。

 

 DSC_0147.JPG

↑ 「国電(国鉄)」時代の切符の自動販売機。シンプルな作りがレトロですよね。


 

もちろん、従来の本館も充実しています。

  

まず目に付いたのが、特別急行ひばり号。

東北新幹線が開業するまで、上野-仙台間を東北本線経由で結ぶ特急列車として運転されていました。

 DSC_0170.JPG

今まで何度もこの場所でこの車両を見てきたはずですが・・・

仙台で勤め始めてから見るこの方向幕は、また一味違いました。

 

 DSC_0167.JPG

 

 

仙台から鉄道博物館のある大宮までは、東北新幹線「はやぶさ」で1時間少々

さらに最寄り駅まではニューシャトルで1駅(←これに乗るのもてっぱく見学の醍醐味です♪)。


大宮という場所柄、そのほか東北地方の各都市や、新潟や金沢など北陸方面からのアクセスも良好です★

 

「でんしゃ大好き!」というお子さんから、「昔から実はマニアで・・・」という大人の方まで、幅広い世代が満足できる「てっぱく」。

 

きっと素敵な夏休みの思い出を作れるはずです!!

是非一度、いや、二度三度訪れてみてください!!!!



(ちなみに次のブログは「はやぶさ」並の速さで更新する予定です・・・あっ、自分にプレッシャーをかけてしまった。。。