ロシアの大手電力会社がフィンランドへの送電を停止すると発表しました。

 地元メディアなどによりますと、13日、ロシアの政府系電力会社「インテルRAO」は電力代金の未払いを理由にフィンランドへの送電を停止すると発表しました。

 ロシアはフィンランドが12日にNATO(北大西洋条約機構)への加盟方針を発表したことに対して対抗措置を取ると警告していて、今回の送電停止は報復の可能性があります。

 これに対してフィンランドの電力会社は、ロシアからの電力は国の総電力量の1割で国内の供給に影響はないとしています。

 今後はスウェーデンからの輸入や国内の発電量を増やして対応するとしています。送電の停止は14日からで当面の間、続くとされています。