埼玉県春日部市の住宅で79歳の母親の遺体を遺棄したとして49歳の息子が逮捕された事件で、警察は14日、殺人の疑いで息子を再逮捕しました。

 職業不詳の荻野成訓容疑者は春日部市の自宅1階で同居していた母親の礼子さんを窒息させて殺害した疑いが持たれています。

 警察によりますと、礼子さんの顔などには複数のあざがあったほか、現場からは血痕が見つかったということです。

 荻野容疑者は取り調べに対して「間違いありません」と容疑を認めています。

 荻野容疑者は礼子さんの遺体を遺棄した疑いで先月24日に逮捕されていました。