アメリカ・ニューヨーク州のスーパーマーケットで男がライフルを発砲し、少なくとも10人が死亡しました。

 AP通信によりますと、14日午後、ニューヨーク州バファローのスーパーマーケットで銃撃事件があり、少なくとも10人が死亡したということです。

 目撃者によりますと、迷彩服や防弾チョッキを身に着けた白人の若い男がライフルを発砲したということです。

 警察官が現場に駆け付け、容疑者の男を拘束しました。

 男は銃撃の様子をインターネットでライブ配信をしていた可能性があるということです。

 現場周辺は黒人が多く住む地域で、警察は人種差別が動機の疑いもあるとみて調べています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2022