北朝鮮メディアは新型コロナの感染が拡大するなか、新たに30万人近くが発熱し、15人が死亡したと伝えました。

 15日付の朝鮮中央通信は、13日夕方から14日午後6時までに新たに29万6180人余りが発熱し、15人が死亡したと伝えています。

 新型コロナの感染拡大が始まったとみられる4月末からの発熱者は82万人を超え、うちおよそ50万人が全快したとしています。

 42人に上っている死者のうち、薬品の使用ミスによる割合が多く、治療方法と衛生知識の提供を急いでいるということです。

 金正恩総書記は都市封鎖などを命じていますが、抑え込みは難しいとの見方が強く、各国からのワクチン提供を受けるかどうかに注目が集まっています。