アメリカ・ニューヨーク州のスーパーマーケットで白人の男がライフルを乱射し、10人が死亡しました。当局は黒人を標的にしたヘイトクライム=憎悪犯罪とみて捜査しています。

 地元警察によりますと、14日午後、ニューヨーク州バファローのスーパーマーケットで迷彩服と防弾チョッキを着た白人の男がライフルを乱射しました。

 駐車場と店内で合わせて13人が撃たれ、10人が死亡したということです。

 警察官が現場に駆け付け、容疑者の18歳の男を拘束しました。

 男は現場から車で数時間、離れた場所から訪れていて、銃撃の様子をインターネットでライブ配信していたということです。

 事件に巻き込まれた13人のうち11人が黒人で、FBIも捜査に乗り出し、特定の人種を狙ったヘイトクライムの疑いで調べています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2022