ウクライナのゼレンスキー大統領は新しい動画を公開し、東部ドンバス地方での戦況が依然として厳しいという見方を示しました。

 14日に公開された動画でゼレンスキー大統領は、東部ドンバス地方の戦況について「依然として非常に困難である」と認めたうえで、ロシア軍が全面的な侵攻から80日目が経つなか、持久戦を展開していることについて「非常にばかげている」と強く非難しました。

 また、同じ動画でアメリカ上院の共和党トップである、マコーネル議員率いる代表団と会談したことを明らかにしました。

 会談では、防衛や金融などを含むウクライナへの様々な支援や、ロシアへの制裁強化について話し合ったということです。

 ゼレンスキー大統領はこの会談について、アメリカにおけるウクライナへの超党派での支援を示すものだとしてアメリカとの連帯をアピールしました。