日本と中国の外務省の局長がオンラインで会談し、日本側は中国の東シナ海でのガス田開発について「一方的」だと抗議し対応を求めました。

 23日の会談で外務省の船越アジア大洋州局長は、中国が東シナ海で新たなガス田掘削施設を建設したことに対し「一方的な資源開発」だと抗議しました。

 日中両国は2008年にガス田を共同開発することで合意しています。

 また、尖閣諸島での領海侵入や日本周辺で活発化する中国の軍事活動でも強い懸念を伝え対応を求めました。

 中国側は、東シナ海や尖閣諸島をめぐる問題で「厳正な立場を表明した」とし、「日本が発言と行動を慎重にするよう促した」と発表しています。