「余興の域を超えていた」と、コメントしています。

 「症状 第三位 貴方は、今まで大した成績を残さず、あーあって感じ。陰で努力し、あまり頑張ってないように見えて、やはり頑張ってない」

 「症状」と書かれた「賞状」。2018年に青森県八戸市の住宅建設会社「ハシモトホーム」が40代の男性社員に渡したものです。

 男性社員はその翌月に、自ら命を絶ちました。

 遺族側は、会社と「法的責任」を巡り、交渉を開始しましたが、会社側は「法的責任はない」として、交渉は決裂。遺族側は、やむなく提訴に踏み切ったといいます。

 今回の問題が報じられた後、会社には抗議などの電話が殺到したため、留守番電話に切り替えられたということです。

 こうしたなか、ハシモトホームは23日になってようやく、ホームページに謝罪文を掲載しました。

 ハシモトホームの謝罪文:「ご迷惑をお掛けしておりますこと、深くおわび申し上げます。本件を重く受け止め、最大限誠意ある対応をとる所存でございます」

 また、会社側は問題の賞状について、取材に対し、「支店の年始の行事の余興の一環として実施しておりました。今となっては、余興の域を超えていたと、深く反省しております」と回答しています。

(「グッド!モーニング」2022年6月24日放送分より)