電力不足が懸念される夏に向けて、政府は24日から1週間の需給見通しを知らせる「でんき予報」をスタートさせました。

 資源エネルギー庁電力供給室・迫田英晴室長:「安定供給に必要な水準が確保できているところでございます」

 24日から始まった「でんき予報」は厳しい暑さが予想される向こう1週間の電力需給の見通しを発表しました。

 電力供給の余力を示す予備率は、東京エリアなどで25日は17.7%、26日は19.2%で安定供給に問題ないとしています。

 ただ、厳しい暑さが続いた場合、電力需要が上昇するため、来月1日の東京エリアの予備率は6.6%と大幅に低下します。

 政府は来月1日から7年ぶりとなる節電要請をしていて、不要な照明を消すなど「無理のない範囲で協力してほしい」としています。