政府は電力会社などが節電に応じてポイントを付与するサービスに参加した家庭に対して、2000円分のポイントを付与する制度を検討していると明らかにしました。

 木原官房副長官:「まずは節電プログラムにご参加頂く家庭に、2000円相当のポイントの支給を開始」

 検討している2000円分のポイントを付与する制度は、電気料金の負担軽減や電力不足に備えるためで、東京電力などが実施する節電に応じて電子マネーなどに交換できるポイントを付与するサービスに参加した家庭が対象になります。

 また、実際の節電に応じて電力会社が付与するポイントに、さらに政府がポイントを上乗せする方向で検討していることも明らかにしました。

 制度の開始時期などについて今後、検討を進めていくとしています。