兵庫県尼崎市が全市民約46万人分の個人情報入りUSBメモリーを紛失した問題で、市はこのUSBを発見したと発表しました。

 委託業者:「尼崎市及び関係各位に多大なご迷惑とご心配をお掛けしておりますことを深くおわび申し上げます」

 尼崎市によりますと、紛失していたのは全市民約46万人の住民基本台帳データなどが入ったUSBメモリーです。

 市の委託を受けてデータ管理を行っていた業者の男性社員が21日に飲食店に立ち寄り、その後、大阪府吹田市内の路上で寝るなどした後、USBメモリーの入ったかばんごと紛失したことに気付きました。

 市によりますと、かばんの捜索は24日朝から行い、正午ごろ、寝ていた場所の近くで見つかったということです。

 委託業者:「吹田市にあるマンションの敷地内と聞いています。本人と警察の人で発見をしました」

 かばんは物色された形跡はなく、USBメモリーもパスワードの変更などはされていなかったということです。

 尼崎市には紛失以降、午後3時時点で2万件近くの問い合わせがあったということです。

 回収したUSBの情報を関係機関と協力して詳しく調査する方針です。