台湾周辺で大規模な軍事演習を続ける中国は、新たに6日から黄海や渤海でも実弾射撃訓練などを実施すると発表しました。

 江蘇省連運港の海事局は6日から15日までの10日間にわたり「黄海南部の一部の海域で実弾射撃を行う」と発表しました。

 この海域への「進入を禁止する」としています。

 また、渤海北部でも6日に軍事演習を行うとの発表がありました。

 また、同じ渤海では今月8日から来月8日までの1カ月にわたり、これとは別の軍事活動も実施するということです。

 黄海と渤海は中国軍が大規模な軍事演習を続ける台湾周辺からは北に位置する海域です。